季節の移り変わりとともに様々な表情を見せる野田市郷土博物館、市民会館の庭の様子をお届けします。
カテゴリ:花( 72 )
牡丹が咲き始めました!
博物館の前庭には牡丹が8本程植えられていますが、毎年真っ先にこの白い牡丹が咲きます。これからピンクや赤、赤紫の牡丹が次々と咲くので楽しみです。
a0127962_725132.jpg
a0127962_7244211.jpg
この他にエビネ、アマドコロも見頃です。連休にかけて庭園のツツジも見頃になります。是非ご来館ください。
a0127962_7263114.jpg
a0127962_7261544.jpg

[PR]
by noda-muse | 2016-04-19 07:36 |
ヤマシャクヤクが咲きました
茶花として市民会館の裏に5年前に植えたヤマシャクヤクがやっと開花しました。三輪の白い花は開くと直径10センチ程の大きさです。趣味の園芸によると本州、四国、九州、朝鮮半島に分布する野生のシャクヤクで、山地や深い林に自生しているそうです
a0127962_18462381.jpg
2、3日で散る短命花で、五弁の花が一茎に一輪咲きます。花後は果実が結実し、ザクロのように弾け、花と共に果実は茶花として人気があります。果実を見てみたいのですが、やっと咲いてくれた株を弱めるようで、思案のしどころです。
a0127962_18533366.jpg

[PR]
by noda-muse | 2016-04-16 18:55 |
緑のカーテン2015その2
連日猛暑が続く中、緑のカーテンは気持ちをほっとさせる効果があるように思われます。熱帯アメリカ原産のルコウソウは星型の赤い小さな花を咲かせています。糸のように細い葉も涼しげです。
a0127962_12332124.jpg
シカクマメの花が咲きましたスイトピーのつぼみくらいの大きさの花で、さわやかな青い色です。
a0127962_12362313.jpg
実は四角で、食べられます。今10センチ程ですが、15センチくらいが食べごろだそうです。沖縄ではよく栽培されているようです。
a0127962_1239918.jpg
沖縄スズメウリです。熟するとオレンジや黄色の小さなカボチャやスイカのようになります。この実は可愛いのですが、有毒なので食べることはできません。あくまでも鑑賞用です。これから朝顔や夕顔も咲きますので、またブログでお知らせいたします。
a0127962_1246372.jpg
a0127962_12435220.jpg

[PR]
by noda-muse | 2015-07-24 12:52 |
緑のカーテン2015
三ヶ町夏祭りのお囃子が聞こえてくる中博物館では明日から始まる市民アート展「白黒アート!多彩な世界」の準備に追われています。一方市民会館は雨が上がった途端蝉しぐれにつつまれ、緑のカーテンが暑さをほんの少し緩和してくれています。
a0127962_1614393.jpg
今年はさまざまな種類を植えました。早くから咲き出したアピオスは沢山の花をつけています。地下茎は食用にできます。
a0127962_16165754.jpg
ゴーヤの勢いがよく、一緒に植えた沖縄スズメウリと区別がつかなくなってしまいました。ゴーヤはもう10センチ程の実をつけています。
a0127962_16191313.jpg

a0127962_16195514.jpg
るこう草の花の写真を撮ろうと思っていたら午後には花が終わっていました。朝顔と同じに朝のうちが見ごろなのですね。赤いラッパ状の小さな花です。
a0127962_16231381.jpg
この他に朝顔、夕顔、フウセンカズラ、ペピーノ、沖縄スズメウリを植えています。こちらはまた花が咲き出したらご報告いたします。明日からのアート展是非ご来館下さい。
[PR]
by noda-muse | 2015-07-17 16:28 |
ツル性のシダ「カニクサ」
庭園の流れの庭にカニクサが生えていました。シダでは珍しいツル性の種で関東以西に自生しています。下から伸び、ツルの先端までが一枚の葉になっています。
a0127962_13225160.jpg
マンリョウに絡みついていますが、本来まだまだ伸びて、2メートル以上にもなるそうです。
a0127962_132417100.jpg
ツルの部分はとても強く、手でちぎるのは難しいです。このツルで子供たちがカニを釣ったりしたのでカニクサと名まえが付いたといわれていますが、三味線の弦にもできたとかで、シャミセンツルとも呼ばれるそうです。
a0127962_13275999.jpg

[PR]
by noda-muse | 2015-06-08 13:30 |
流れの庭のイワヒバ
市民会館の松竹梅の部屋前に「流れの庭」があります。この庭を作っている岩にイワヒバが生えています。コケやシダと同じような色なので、目立ちませんが、よーく見ると面白いものです。
a0127962_13311651.jpg
イワヒバは岩松とも呼ばれ自然界では岩や崖の上に生えています。古くから愛好家らによって栽培され園芸種もあります。
a0127962_13464693.jpg
葉を放射状に出して広がりますが、雨などが降らず乾燥すると枝を内側に巻き込んで塊のようになります。水を得るともとのように葉を広げる不思議な植物です。
a0127962_1351713.jpg

[PR]
by noda-muse | 2015-05-27 13:51 |
テイカカズラとテッセン
夏を思わせる毎日ですが、涼しげな蔓ものの花が咲いています。テイカカズラは風車に似た花の形をしていていい香りを放ちます。岩や木に絡みついて伸び絡石の名もあります。
a0127962_1652489.jpg
うっそうと茂るので絡みついている木や岩が見えなくなります。
a0127962_16541556.jpg
テッセンは博物館に向かって右端のフェンスに絡まっています。いつもは小ぶりの花も今年は肥料が効いたのか直径15㎝の花をつけました。
a0127962_16563096.jpg

[PR]
by noda-muse | 2015-05-17 16:57 |
ギンランシラン?
前回庭園のキンランを紹介しましたが、キンランにわずかに遅れてギンランが咲きました。草丈25センチ程で、通常キンランより少し草丈が低いのですが、これはなかなか立派なものです。ギンランは白い花をつけますが、全開せず半開程度で花が終わってしまいます。
a0127962_10442379.jpg
キンランより若干繁殖力があるといわれていますが、当館で咲くギンランは1本のみで毎年絶えるのではないかと心配しています。
a0127962_10471967.jpg
同時期にホウチャクソウも咲きます。薄緑の地味な花ですが、全体に毒を持っていて食べると嘔吐し、まれに死ぬこともあるそうです。ひっそりと咲いているのでこれも大切にしたい花です。
a0127962_10504927.jpg
シランは紫蘭と書きます。紫が主ですが、白花もあります。当館のものは園芸用を植えたものです。ラン科には珍しく日向でもよく育ちます。どこのお庭にも咲いているシランならぬ知られた花です。
a0127962_10533296.jpg

[PR]
by noda-muse | 2015-05-09 10:56 |
百科繚乱其の二
夏を思わせるような気温になり庭園の色とりどりの花が咲き誇っています。前回のブログでご紹介した牡丹をはじめ、職員がたいせつに守ってきたキンランもひっそりと咲いています。
a0127962_1525318.jpg
キンランは菌根菌という菌と共生しているので、この菌がある樹木と離れると生育できません。栽培が非常に難しい植物で現在絶滅危惧種Ⅱ(環境省レッドリスト)に指定されています。
a0127962_15254182.jpg
牡丹は白、ピンク、赤が咲き今が一番見ごろとなっております。
a0127962_15335298.jpg
a0127962_15342181.jpg
a0127962_1539372.jpg

[PR]
by noda-muse | 2015-04-27 15:37 |
牡丹を見に来て!!
百花繚乱、庭園はツツジや牡丹、ヒメシャガ、コデマリと沢山の花が咲いています。前庭には牡丹の大輪が咲き競っています。
a0127962_1340365.jpg
今年は大きな花をつけています。白の五大州は直径30センチもあります。
a0127962_13545081.jpg
a0127962_13413314.jpg
a0127962_13421945.jpg
これから咲く濃い紫や白い牡丹も楽しみです。
a0127962_13433449.jpg

[PR]
by noda-muse | 2015-04-24 13:45 |