季節の移り変わりとともに様々な表情を見せる野田市郷土博物館、市民会館の庭の様子をお届けします。
カテゴリ:木々( 14 )
まっかだな♪
まっかだな~まっかだな~ツタの葉っぱがまっかだなモミジの葉っぱもまっかだな
a0127962_1536116.jpg
a0127962_15362558.jpg

庭園は晩秋のたたずまいとなりました。モミジの紅葉も間もなく終わりになります。
a0127962_1538583.jpg

冬を迎えるため庭園の松の木には菰が巻かれ害虫にそなえています。これも冬の庭園の風情となっています。
a0127962_15414970.jpg

[PR]
by noda-muse | 2015-11-27 15:42 | 木々
桑の実
昔はどこにでも見かけた桑の木も気が付くと最近見かけなくなりました。桑は蚕を育てるのに必要な木で、万葉の時代はツミとよんでいました。むろん葉を摘むからきています。
a0127962_16242491.jpg
この赤い実が熟れると黒ずんだ赤色になり食べごろです。この実は縄文人も食べていたようです。青森の三内丸山遺跡から大量の山桑の種が出土しています。桑酒でもつくったのでしょうか?
a0127962_16294888.jpg
日本の近代化を支えた桑、博物館の桑は職員のささやかな季節を味わう楽しみを支えています。
a0127962_16324740.jpg

[PR]
by noda-muse | 2013-05-29 16:35 | 木々
紅葉の美しいニシキギ
茶室松樹庵の待合の隣にあるニシキギが紅葉をむかえました。ニシキギは日本、朝鮮半島、中国に自生する低木で、紅葉の美しいことで知られています。
a0127962_16261090.jpg
幹につばさ状のコルク、翼(ヨク)がついています。この翼が剃刀ににていることからカミソリの木の別名があります。
a0127962_16292777.jpg
この時期赤い実をつけますが、実がはじけ、中からさらに鮮やかなオレンジ色の実が顔をだします。葉の紅葉と実の美しさで、照葉(テリハ)として生け花にも重宝されます。
a0127962_16325099.jpg
a0127962_1633180.jpg

[PR]
by noda-muse | 2012-10-19 16:37 | 木々
キンモクセイ
博物館の周りにいるとどこからかいい香りがしてきます。見回してもいい香りの花は見当たりません。上を見上げると8メートルにもなるキンモクセイの上から香っていることがわかります。
a0127962_16571788.jpg

キンモクセイは中国原産のモクセイ科モクセイ属で、葉腋に小花が集まって咲きます。ただ今博物館は展示替えのため12日まで休館しています。13日から特別展「野田と災害」が始まります。博物館は休館でも市民会館と庭園は開いています。キンモクセイの大木を見に是非お越しください。
a0127962_1734768.jpg

[PR]
by noda-muse | 2012-10-05 17:09 | 木々
ヤブコウジ
ヤブコウジの丈はせいぜい20センチ程ですが、立派な常緑樹です。6月から7月にかけて花が咲きますが、薄桃色の下向きに咲く花なので、残念なことに葉の陰になりほとんど気づかれません。
a0127962_1341520.jpg
5弁の花びらなのですが、なかなかうまく写せません。万葉の時代にはヤマタチバナとよばれ冬真っ赤な実が美しいことから縁起のよいものとされていました。冬に同じように赤い実をつけるマンリョウ、センリョウ、ヒャクリョウ(カラタチバナ)とともにジュウリョウ(十両)とも呼ばれています。
a0127962_13493132.jpg

[PR]
by noda-muse | 2012-07-19 13:50 | 木々
栗の花
裏庭にまだ小さい栗の木があります。それでもこの時期、花をつけてくれます。
a0127962_1414627.jpg

花の蜜をあつめるのか、アブラムシの汁をあつめるのか次々アリがやってきます。アリの大行進です。
a0127962_1441999.jpg

花が終わりを告げると大行進もおわり、一センチにもみたない可愛いイガができました。早く大きくな~れ!!
a0127962_14115075.jpg

[PR]
by noda-muse | 2012-06-25 14:13 | 木々
ウグイスカグラ
漢字では鶯神楽と書きます。鶯の鳴くころ花が咲くのでこの名前がつきました。
a0127962_1655241.jpg

スイカズラ科で、6月ごろ赤い小さな甘い実をつけます。このころは鳥とどっちが先に食べるか競争ですが鳥にいつも遅れをとってしまいます。
a0127962_16102153.jpg

幹が太くなると葉柄の基部が刀のつばのように開きます。
a0127962_16121425.jpg

つくしのハカマのようにも見えませんか?
a0127962_16143416.jpg

[PR]
by noda-muse | 2012-04-20 16:15 | 木々
赤くなったクチナシは鳥の好物?
クチナシの実が赤くなり、採って干そうかと思っていると、もう鳥がついばんでいます。赤い実に次々と穴があきます。
a0127962_16395016.jpg

甘いのかと思い味見をしましたが、甘くもすっぱくもありません。ねっとりとして鳥にはご馳走なのかもしれません。残念ながら食べている姿を目撃していませんのでどんな鳥が食べているのかは分かりません。
a0127962_16502121.jpg

[PR]
by noda-muse | 2011-12-22 16:47 | 木々
クチナシの実
庭園には何本ものクチナシがあります。今年も沢山実をつけてくれました。
a0127962_1772459.jpg

クチナシの実は古来染物や食品の色付けに使われていますが、きれいな黄色の色がでます。
a0127962_17134090.jpg

[PR]
by noda-muse | 2011-12-12 17:11 | 木々
庭園の彩り
遅い紅葉が庭園を彩っています。裏庭の塀に這うツタもきれいに紅葉しています。
a0127962_1632494.jpg

もみじは今年あまりきれいには色つきませんでした。
a0127962_1681445.jpg
a0127962_1685542.jpg

[PR]
by noda-muse | 2011-12-08 16:09 | 木々