季節の移り変わりとともに様々な表情を見せる野田市郷土博物館、市民会館の庭の様子をお届けします。
<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
玄関の菊
お屋敷だったころは賓客しか利用できなかった大玄関に菊が飾られました。
指定管理になってから毎年菊を届けて下さるボランティアの方のおかげです。
この菊が飾られると玄関も華やいだ感じになります。
a0127962_15351888.jpg

こちらは当時家族が利用していた玄関です。
a0127962_15362919.jpg

[PR]
by noda-muse | 2011-10-29 15:37
白水引
先日水引を紹介しましたが、庭にはもう一種類の水引があります。
白だけの水引で、白水引、または銀水引と呼ばれています。
a0127962_1052555.jpg

紅白の水引もいいですが、ほんのり桃色のつぼみを持つ白水引も上品でいいものです。
a0127962_1055216.jpg

[PR]
by noda-muse | 2011-10-28 10:55 |
サザンカ
茶室松樹庵の奥にひっそりとサザンカ(山茶花)が咲いています。
サザンカはツバキ科の木で早いものは10月中旬から咲きはじめます。
ツバキとの違いは、花びらがばらばらに散るのがサザンカで、花ごと落ちるのがツバキです。
葉をお日様に透かしてみるとツバキは葉脈が白く見え、サザンカは黒く見えます。
a0127962_15292267.jpg

ツバキは茶花に使えますが、サザンカやお茶の花は茶花に使うことはありません。
茶室のそばにあるのに少しかわいそうな気がします。
a0127962_15324748.jpg

[PR]
by noda-muse | 2011-10-27 15:39 |
ホトトギス4種
裏庭にホトトギスが咲いています。ホトトギスはユリ科の花で鳥の杜鵑の胸の斑点に似ていることから名前がつきました。白ホトトギス、ヤマホトトギス、そしてヤマホトトギスの変種でしょうか斑点のない濃い紫の花の3種類です
a0127962_14465964.jpg

そしてもう1種類は台湾産の青竜ホトトギスです。
a0127962_14523628.jpg

[PR]
by noda-muse | 2011-10-22 14:53 |
ベンガラ塀
博物館と市民会館をぐるりと取り囲むベンガラ塀の塗装工事が終了しました。
ベンガラ色の鮮やかな塀がよみがえりました。
a0127962_17102783.jpg

12月5日まで博物館では特別展「野田の煎餅」を開催しています。
是非お出かけ下さい。
a0127962_17123048.jpg

[PR]
by noda-muse | 2011-10-21 17:13 |
ミズヒキ
博物館の前庭の道しるべの前にミズヒキが咲いています。
2~3ミリの小さな花が点々とついています。
がく片は上3枚が赤、下1枚が白で紅白の水引のようなので、この名前がつきました。
a0127962_1701573.jpg

[PR]
by noda-muse | 2011-10-19 17:00 |
虫のレストラン
シオンの花には沢山の虫たちが集まってきます。
ざっと見ても30匹以上は群がっているでしょうか。
その中でも小さくてかわいいセスジハリバエを紹介します。
a0127962_11321231.jpg

こちらはキンケハラナガミツバチです。
ごらんのとおり毛が金色で胴長。うまく名前をつけるものですね。
a0127962_13504488.jpg

[PR]
by noda-muse | 2011-10-06 11:33 |
ヒメアカタテハの交尾
交尾するヒメアカタテハを見つけました。
漢字では姫赤立羽と書きます。
 
a0127962_170661.jpg

英名はPainted ladyという素敵な名前がついています。
a0127962_17302.jpg

[PR]
by noda-muse | 2011-10-03 17:03