季節の移り変わりとともに様々な表情を見せる野田市郷土博物館、市民会館の庭の様子をお届けします。
<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ハラビロカマキリ
この数日で朝夕はずいぶん寒くなってきました。今日は夜間管理者の部屋にストーブを準備しました。庭園はまだカネタタキやエンマコオロギの鳴き声が聞こえます。さてこの木についているのはなんでしょう?分かった方はかなりのカマキリ通です。
a0127962_15495474.jpg
ハラビロカマキリのたまごです。そして成虫はこの写真のカマキリです。他のカマキリとの区別は腹が太いことと、前翅両側に白い点の模様がついていることで区別できます。
a0127962_1556409.jpg

[PR]
by noda-muse | 2012-10-26 15:57 |
紅葉の美しいニシキギ
茶室松樹庵の待合の隣にあるニシキギが紅葉をむかえました。ニシキギは日本、朝鮮半島、中国に自生する低木で、紅葉の美しいことで知られています。
a0127962_16261090.jpg
幹につばさ状のコルク、翼(ヨク)がついています。この翼が剃刀ににていることからカミソリの木の別名があります。
a0127962_16292777.jpg
この時期赤い実をつけますが、実がはじけ、中からさらに鮮やかなオレンジ色の実が顔をだします。葉の紅葉と実の美しさで、照葉(テリハ)として生け花にも重宝されます。
a0127962_16325099.jpg
a0127962_1633180.jpg

[PR]
by noda-muse | 2012-10-19 16:37 | 木々
雨宿りする虫たち
今日は朝から降ったり止んだりのお天気です。昨日は元気に飛びまわっていた虫たちもしばし雨宿りです。ルリシジミは夏によく見られます。庭園では今年最後のルリシジミかもしれません。
a0127962_147364.jpg
ヤツデの葉にとまるアキアカネです。ピンボケになってしまいました。羽が雨に濡れて気の毒です。
a0127962_14105165.jpg
ルリチュウレンジバチです。メタリックな体がクールです。1センチちょっとの大きさですが、アキノキリンソウの花粉を食べにきたようです。
a0127962_14123753.jpg
オンブバッタです。メスの上に小さなオスがおんぶされています。12月ぐらいまでみかけることができます。お昼休み庭を一回りしただけでいろいろな虫に出会えます。
a0127962_1417742.jpg

[PR]
by noda-muse | 2012-10-18 14:28 |
ニホンカナヘビ
博物館・市民会館の庭園にはいろいろな生き物が住んでいます。お昼休みに庭を一回りしただけで、10種類以上の生き物に会うことができます。今日の傑作はニホンカナヘビです。切り株の割れ目が棲家なのでしょうか顔を出して様子を窺っています。
a0127962_1764235.jpg
恐竜のようでとても可愛いです。(恐竜は見たことがありませんが・・・)ニホンカナヘビの寿命は7年ぐらいだそうです。身近でよく見かけるのですが、しっぽを切って逃げることぐらいしか知りませんでした。近づきすぎると逃げてしまうので、2枚だけしか撮れませんでした。
a0127962_1718062.jpg

[PR]
by noda-muse | 2012-10-12 17:20 |
シオンに集まる虫たち
先日も紹介しましたが、シオンの花には沢山の虫たちが集まってきます。中でもキンケハラナガミツバチは4センチほどの大きな虫なので、花の中でひときわ目立ちます。体中花粉だらけです。
a0127962_14282781.jpg
そのほかに、ハナムグリ、ベニシジミやギンバエまで集まってきます。
a0127962_14373734.jpg

[PR]
by noda-muse | 2012-10-11 14:40 |
トリカブトとシオン
鑑賞用に植えたトリカブトが咲きました。葉はこの夏の暑さにやられみんな落ちてしまいました。キンポウゲ科の有毒植物としてよく知られていますが、花はこのように美しいです。
a0127962_1491149.jpg
花の名は舞楽の楽人や舞手がかぶる鳳凰の頭をかたどった冠「鳥兜」に似ていることからその名が付きました。
a0127962_14164349.jpg
シオンは菊科の花です。昨年も「虫のレストラン」として紹介しましたが、今年もレストランシオンには沢山の虫たちが訪れています。
a0127962_1420114.jpg

[PR]
by noda-muse | 2012-10-08 14:27 |
キンモクセイ
博物館の周りにいるとどこからかいい香りがしてきます。見回してもいい香りの花は見当たりません。上を見上げると8メートルにもなるキンモクセイの上から香っていることがわかります。
a0127962_16571788.jpg

キンモクセイは中国原産のモクセイ科モクセイ属で、葉腋に小花が集まって咲きます。ただ今博物館は展示替えのため12日まで休館しています。13日から特別展「野田と災害」が始まります。博物館は休館でも市民会館と庭園は開いています。キンモクセイの大木を見に是非お越しください。
a0127962_1734768.jpg

[PR]
by noda-muse | 2012-10-05 17:09 | 木々
白と赤の彼岸花
台風一過真夏のような暑さになりました。昨夜予定していた観月会は中止になりブログでお知らせしようと思っていたのですが、残念です。前庭に彼岸花が咲きました。白の彼岸花が増えてきれいです。
a0127962_1647423.jpg
a0127962_16474066.jpg

前庭より裏庭と駐車場に赤の彼岸花が多く咲いています。万葉集にもいちしの花としてうたわれています。「道の辺の いちしの花の いちしろく 人皆知りぬ 我が恋妻は」
a0127962_16521229.jpg
「道端に咲く彼岸花は炎のように真っ赤に咲きすぐ人の目につく。私があの人にこがれていることはいちしの花のように皆に知られてしまっている。」という恋うたに登場します。情熱的!!
[PR]
by noda-muse | 2012-10-01 17:01 |